blog_title_.png
祈るカミは不在でも、
足尾では、昨年は震災のため「自粛」となってしまっていた『足尾まつり』が行なわれました。

当初予定の5月3日は、雨のため順延となってしまったのですが、翌4日、
晴れ間が少しずつ広がり初夏の陽射しが降り注ぐ中、「祈るカミ」のいなくなった祭りが街を彩りました。





春の嵐のように激しく壮麗で、しかし瞬く間に過ぎてしまう足尾の春を象徴するかのように、
儚さをも醸し出していました。

かつて銅山の繁栄を願って行なわれた『山神祭』をベースとして、今に続くこの祭りは、
「足尾の栄華」が永遠ではないことを思わせるように、
一斉に咲いた桜が舞い散って行く街なかを、山車に乗せてお囃子と踊りが通り過ぎて行きます。
今はもう銅山も過去のモノに、誰かが捧げた祈りもどこへ向かうのかわからない、そんな不思議な感覚です。

『PARADE』と題した本年9月から予定されているWAPの展示も、もしかしたら、この感覚に近いのかもしれません。

喧騒のような一瞬、けれど、そこにはもう 祈るカミさえいない。
いや寧ろ、もしかしたら祈るカミを必要ともしなくなった……と、思えばいいのかもしれません。


ーーーーー


そんなこんな、蘊蓄はさておき、祭りに参加したWAPメンバーたち。
















 お役所のお仕事、ということもアリ、祭りそのものは
 ちゃんと見れず、欲求不満な天沼さん。

 けれども、しっかり「祭りジャンパー」を
 お手製でつくりアピールしまくり。 


ヘ○レ疑惑の噴出したヤマグチくん。
そんなことは返上し、参加した通洞地区の自治会では、意外に大変な山車を引っ張る役目を仰せつかってました。













 「松原のアイドル」こと、海老ちゃん。

 拍子木もって祭りの列に参加したかと思えば、
 ダンスで培った野性の感覚で、
 最後には「おかめ」と「ひょっとこ」に扮した
 子どもたちと、踊り合戦に参加していました。















 天性の破壊魔、うのあずさ。

 ぐいぐいと山車を引っぱりながら、
 海老ちゃんと同じく、踊り合戦にも参加。

 海老ちゃんとうのさんは、
 踊りにうるさい ベテラン(年配)の方々の
 ハートもしっかりと掴み、
 その踊りっぷりに、お褒めの言葉を戴いていました。







ちなみに、ミナガワはお写真担当でした。


ーーーーー


地域のこうした「まつり」を体験するのは、すごく重要なことです。
言うならば、ART Project とは『新しいまつり』をつくることでもあるから、です。











posted by 事務局 at 00:38 | 雑記 | comments(0) |
足尾まつり、練習中
5月3日の足尾祭り。

足尾小の皆さんは元気に練習中。
地区ごとに山車が出て、踊りやお囃子。


軽快な和のリズムが響くなか、低学年の皆さんは輪のリズム。
輪投げの輪に夢中。

着物も色とりどり。




posted by 事務局 at 09:25 | 雑記 | comments(0) |
九州のふぐ。大阪の松木。
皆川さんもblogに上げていましたが、もりけんがふぐを送ってくれたのでFUGU party☆


20120309 (1).JPG



ぷりぷりなふぐと、ミナコさんからの差し入れ さくらワイン

20120309 (3).JPG



だらだらしゃべるうちに、
某M川さんによって圓山さんに惨劇が。
20120309 (4).JPG


20120309-1 (1).JPG

わぁ!
頭が松木渓谷!!
日本のグランドキャニオン!頭が足尾!!
とか、騒いでいたら本人が「大阪の松木や!」とか言い出してました。





最後はちゃんと、ツルツルに戻しました。
20120309-1.JPG




おわり
posted by 事務局 at 14:32 | 雑記 | comments(0) |
フグとママ:最近のできごと
 

東京造形大学の卒業制作展にて「ZOKEI賞」を受賞したモリケン(森健太郎:WAP2009〜参加)から、
地元 九州よりフグが届きました。

わーい、ということで、足尾在住のミナガワ、天沼、ママさんバレーのミナコさん、
そしてなぜか桐生から偶然来ていた圓山さんの4人で、
フグ刺し、一夜干し、フグ雑炊…などなど、フグやらワインやらその他の料理やスウィーツまで、
何だかよくわからないパーティー。

とりあえず、モリケンごちそうさま、そして、おめでとう。

ちなみに東京造形大の「ZOKEI賞」ですが、造形大出身のWAP参加アーティストは常連です。
みんな優秀。


ーーー



さてさて、3月に入り、冬期休業中だった「ママさんバレー@足尾」が再開。

「赤沢ママ」と、適当に省略された、体育館(足尾市民センター)の案内板。
正式には「『赤沢クラブ』ママさんバレーボール」…だと思います。

ちなみにお隣の「山形会」は「民謡山形会」で、足尾石刀節などの民謡を行なってます。
今や懐かし、WAP2008では、クロージング・パーティーの「ゲスト・アーティスト」でした。
さらにちなむと、WAP参加アーティスト/スタッフの滞在場所である赤倉(赤倉旧マルサン食堂)の
所有者である小林ミチコさんも、山形会のメンバー。
足尾の民謡など、さまざまな歌声を聞かせてくれます。



posted by 事務局 at 20:10 | 雑記 | comments(0) |
わ鐵さん、点景。

さて、マンガン工場を引き渡すための、荷物の撤去やお掃除が終わり、
『足尾』へと「帰る」わたらせ渓谷鐵道の車中の様子。


あれれ?この人たちはっ!?


足尾のママさんバレーで「お馴染み」の、Mさん家族とYさん家族とわ鐵車内で遭遇。

今月いっぱいで終わってしまう、
わたらせ渓谷鐵道 各駅イルミネーション(足尾/通洞/小中の装飾にはWAPも協力)を
ご家族で見るための日帰りわ鐵旅。ただし、足尾〜桐生の往復、 という異色の日帰りコース。




わ鐵の車内では、RくんもHくんもAくんもCちゃんもおおはしゃぎ。
お母さん(Mさん、Yさん)たちに怒られつつ、車内がジャングルジムに早変わり。
Tくんだけはちゃんと座ってましたが。


さすが、足尾の子どもたち、です。

posted by 事務局 at 22:43 | 雑記 | comments(0) |
-Over the Rainbow-
赤倉おやつタイム!
定番ホットケーキ!

今日は虹の彼方にverだよ!

20120220 (3).JPG
宇野さんへの愛をこめて描いたよ!


2012022001 (1).JPG
ご覧のとおり宇野さんも喜んでくれているよ!

2012022002 (2).JPG
サイケなウインナコーヒー
CUTE!!

20120220 (2).JPG
サイケー!サイケ・サイケー!!


 お口の周りはゾンビ色!
posted by 事務局 at 09:56 | 雑記 | comments(0) |
1 / 19 ページ >>
WATARASE Art Project は 群馬県桐生市から栃木県日光市足尾町を繋ぐ「わたらせ渓谷鐵道」の沿線で、アーティスト主体で行なわれている現代美術(ART)とAIRのプロジェクトです。

『僕たち私たちは、敢えて空気を読みません』

アーティストと地域住民とが「ゆるい連携」をつくり、地域をアーティストの視点から、現代美術を地域性という視点から、捉え直し、相互の価値の革新を試み続けています。
ともすれば「地域づくり」≒「地域こわし」かもしれません。しかし、地域の固定概念を壊す、そんな『創造的破壊』を目指します。

WATARASE Art Project Official Web-site



Video streaming by Ustream

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
>> Update
qrcode