blog_title_.png
<< WAPの休日より | main | 8/25-26 モールス レポート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク at | - | - |
渡良瀬CampingTrainより
現地(渡良瀬)にいるとネットなどの通信環境がないので、ついついレビュー的なブログになってしまい恐縮ですが…

去る8/19に桐生市内のNPOなどによる企画で、わたらせ渓谷鐵道主催のツアーが、足尾会場を訪れました。
約30名ほどの団体さんは、英会話スクール関係の方たちとあって、なかなか国際的。外国人講師数名に子供からご老人まで、足尾への車中、英会話レッスンをしながら(?)というツアーでしたが、着いてからは作品ガイドやワークショップなどなど…



ついて早々、まずは足尾駅内の作品(吉田早苗、上田真由美、石井香菜子、CampingTrain)をガイドして…


CampingTrainのCafeスペースでのワークショップ(ツアー主催)では、熊の親子とイジワルな女の子の絵本をもとに、ボール紙にクレヨンと木材でレリーフを制作。


そしてここから渡良瀬社宅の作品群(赤坂有芽、狩野仁美、佐藤亜弥子、鎭目紋子、膝館理奈、平川恒太、コバヤシ、吉田藍子、米沢梢子)をガイド。


夏の日差しが照りつける中、社宅をひとつひとつ回っていきます。
実は社宅に展示してある作品だけでもすべて見るのに一時間は掛かります。ほんとは足尾のほかの作品も案内したかったけれど、この日はこれで時間切れで、「トロッコ列車」に乗ってお帰りでした。




ちなみに夜のCampingTrain(カフェスペース)はこんな感じ。
実は毎日、昨年のパフォーマンスの様子や、会期中に進行しているワーク・イン・プログレスのドキュメントなどを大型スクリーン(4m×3m)で上映中。その他、参加作家の関連映像作品なども上映してます。CampingTrainは、17時以降が「見どころ」なのでした。

ミナガワ
posted by Project Member at 01:18 | 2007 | comments(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク at 01:18 | - | - |
コメント
コメントする









WATARASE Art Project は 群馬県桐生市から栃木県日光市足尾町を繋ぐ「わたらせ渓谷鐵道」の沿線で、アーティスト主体で行なわれている現代美術(ART)とAIRのプロジェクトです。

『僕たち私たちは、敢えて空気を読みません』

アーティストと地域住民とが「ゆるい連携」をつくり、地域をアーティストの視点から、現代美術を地域性という視点から、捉え直し、相互の価値の革新を試み続けています。
ともすれば「地域づくり」≒「地域こわし」かもしれません。しかし、地域の固定概念を壊す、そんな『創造的破壊』を目指します。

WATARASE Art Project Official Web-site



Video streaming by Ustream

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
>> Update
qrcode
SPONSORED LINKS