blog_title_.png
<< 松木と俄雨 | main | 7月のリサーチ報告、後半編。<南橋社宅> >>
7月のリサーチ報告、前半編。
DSC_0135.JPG

7月のリサーチ報告です。まずは前半(上旬)ということで。
最初の画像は「水沼駅温泉センター」の夕暮れ。

WAPの通年での拠点、赤倉旧マルサン食堂は足尾町(日光市/栃木県)の奥地、
滞在の際は、いつも最寄りの深沢共同浴場(足尾銅山時代のコミュニティの名残である共同風呂)を、
WAP参加アーティスト、スタッフは特別に使わせてもらっていますが、
日曜日は共同浴場が休みのため、水沼(桐生市黒保根町/群馬県)などの温泉まで行ったりします。

水沼は河童の伝承やら、養蚕農家やら、いろいろとおもしろい要素があるけど、
まだWAPとしても未開拓の場所です。


DSC_0014.JPG

さて、こちらは花輪(みどり市東町/群馬県)のお隣の荻原地区の風景。
のどかな田園。稲がすくすく育っていますが、山の向こうでは雲もすくすく育っています。

7月になり、毎日のように夕立が降る現地ですが、
雨が降った後の、潤っていく土の匂いは、何とも言えず、夏を感じます。

荻原地区は、2009年に門眞妙が展示をしましたが、以降はWAPとして活動を行なっていません。
2011-2012では、足尾に並んで花輪・小夜戸が大きな拠点となっていきそうなのですが、
荻原地区は、小夜戸と同じく農村風景が広がるものの、ちょっと雰囲気が違います。
…これはもう、実際に現地を歩いてみないとわからないのですが、
いろいろ可能性が詰まった土地…と言えるでしょう。


DSC_0023.JPG

小夜戸では、渡良瀬渓谷沿線唯一の養蚕農家:関口さん宅を訪問。
蚕がちょうど、繭をつくりはじめる絶妙なタイミングでした。

小夜戸地区には、2008年までは5軒の養蚕農家があったのですが、
2009年からは、この関口さん1軒だけになってしまいました。
もう後継者もおらず、また現在、養蚕のみで生計を立てるのは、事実上不可能だそうで、
伝統的なものであっても、後継者を求めることはしないそうです。
高齢のご夫婦が行なっている、いつ無くなるかわからないこの光景、本当に貴重な体験。


DSC_0033.JPG

こちらは足尾。
シンブンシャのブログでも書きましたが、シンブンシャキッズに混じって、
若い陶芸家のご夫婦の工房で、オトナも陶芸体験。
足尾の陶芸は、もともとは銅山の坑道を掘り進めるにあたって、
質はあまりよくないものの粘土も掘られることがあり、
また、出稼ぎの鉱山労働者の中には、瀬戸や伊万里、九谷、益子などを出身とする陶芸の技術者もいたそうで、
生活用品や土管などがつくられたそうです。
今でも「足尾焼」として、その技術は継承されています。

※実際は銅山閉山により、足尾で粘土が採れなくなっため、現在は栃木県内の益子から粘土を「輸入」している、ある意味では足尾産益子焼、という皮肉な感じですが…



ーーーー

このところ、週の大半を足尾で過ごしていますが、まだレジデンスとして明確な制作は
行なっていません。
もう7月下旬、そろそろアーティストたちが渡良瀬に集まり始めます。


(minagawa)
posted by 事務局 at 01:13 | Research! | comments(0) |
コメント
コメントする









WATARASE Art Project は 群馬県桐生市から栃木県日光市足尾町を繋ぐ「わたらせ渓谷鐵道」の沿線で、アーティスト主体で行なわれている現代美術(ART)とAIRのプロジェクトです。

『僕たち私たちは、敢えて空気を読みません』

アーティストと地域住民とが「ゆるい連携」をつくり、地域をアーティストの視点から、現代美術を地域性という視点から、捉え直し、相互の価値の革新を試み続けています。
ともすれば「地域づくり」≒「地域こわし」かもしれません。しかし、地域の固定概念を壊す、そんな『創造的破壊』を目指します。

WATARASE Art Project Official Web-site



Video streaming by Ustream

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
>> Update
qrcode