blog_title_.png
<< NEW アーティスト!! -こどもの写真がスゴ過ぎる件- | main | ゴールデンウィークの制作 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク at | - | - |
祈るカミは不在でも、
足尾では、昨年は震災のため「自粛」となってしまっていた『足尾まつり』が行なわれました。

当初予定の5月3日は、雨のため順延となってしまったのですが、翌4日、
晴れ間が少しずつ広がり初夏の陽射しが降り注ぐ中、「祈るカミ」のいなくなった祭りが街を彩りました。





春の嵐のように激しく壮麗で、しかし瞬く間に過ぎてしまう足尾の春を象徴するかのように、
儚さをも醸し出していました。

かつて銅山の繁栄を願って行なわれた『山神祭』をベースとして、今に続くこの祭りは、
「足尾の栄華」が永遠ではないことを思わせるように、
一斉に咲いた桜が舞い散って行く街なかを、山車に乗せてお囃子と踊りが通り過ぎて行きます。
今はもう銅山も過去のモノに、誰かが捧げた祈りもどこへ向かうのかわからない、そんな不思議な感覚です。

『PARADE』と題した本年9月から予定されているWAPの展示も、もしかしたら、この感覚に近いのかもしれません。

喧騒のような一瞬、けれど、そこにはもう 祈るカミさえいない。
いや寧ろ、もしかしたら祈るカミを必要ともしなくなった……と、思えばいいのかもしれません。


ーーーーー


そんなこんな、蘊蓄はさておき、祭りに参加したWAPメンバーたち。
















 お役所のお仕事、ということもアリ、祭りそのものは
 ちゃんと見れず、欲求不満な天沼さん。

 けれども、しっかり「祭りジャンパー」を
 お手製でつくりアピールしまくり。 


ヘ○レ疑惑の噴出したヤマグチくん。
そんなことは返上し、参加した通洞地区の自治会では、意外に大変な山車を引っ張る役目を仰せつかってました。













 「松原のアイドル」こと、海老ちゃん。

 拍子木もって祭りの列に参加したかと思えば、
 ダンスで培った野性の感覚で、
 最後には「おかめ」と「ひょっとこ」に扮した
 子どもたちと、踊り合戦に参加していました。















 天性の破壊魔、うのあずさ。

 ぐいぐいと山車を引っぱりながら、
 海老ちゃんと同じく、踊り合戦にも参加。

 海老ちゃんとうのさんは、
 踊りにうるさい ベテラン(年配)の方々の
 ハートもしっかりと掴み、
 その踊りっぷりに、お褒めの言葉を戴いていました。







ちなみに、ミナガワはお写真担当でした。


ーーーーー


地域のこうした「まつり」を体験するのは、すごく重要なことです。
言うならば、ART Project とは『新しいまつり』をつくることでもあるから、です。











posted by 事務局 at 00:38 | 雑記 | comments(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク at 00:38 | - | - |
コメント
コメントする









WATARASE Art Project は 群馬県桐生市から栃木県日光市足尾町を繋ぐ「わたらせ渓谷鐵道」の沿線で、アーティスト主体で行なわれている現代美術(ART)とAIRのプロジェクトです。

『僕たち私たちは、敢えて空気を読みません』

アーティストと地域住民とが「ゆるい連携」をつくり、地域をアーティストの視点から、現代美術を地域性という視点から、捉え直し、相互の価値の革新を試み続けています。
ともすれば「地域づくり」≒「地域こわし」かもしれません。しかし、地域の固定概念を壊す、そんな『創造的破壊』を目指します。

WATARASE Art Project Official Web-site



Video streaming by Ustream

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
>> Update
qrcode
SPONSORED LINKS