blog_title_.png
<< シンブンシャ・プロジェクトからお知らせ | main | さよなら、僕らの南橋。 >>
Arts WATARASE 01 -Chambres d'Amis / antichambre 桐生- 報告
 
作品|渡辺雅絵(会場:広沢“豪邸”)


2014年2月23日〜3月2日、桐生市を中心に2013年度のWAP-展覧会プログラムとして「Chambres d'Amis / antichambre 桐生」展を行いました。


今回の展示プログラムは、これまでのWAPに比べて非常に小規模なものであったかもしれませんが、内容的にはとても濃密なものとなりました。
今回は、途中から桐生市(観光交流課)とのWAPの双方の主催となり、アートプロジェクトであると同時に、桐生市への移住促進なども兼ねた行政事業でもありました。

今回は本当に告知もほとんどせず、また情報のfixも非常に遅れてしまったのですが、作品についてはweb上にてアーカイブしていきますので、どうぞご覧ください。(順次追加予定です)



また、今回の展示は、ベルギー・ゲントで1986年に行われたプロジェクト「Chambres d'Amis(シャンブル・ダミ)」を元に、アートプロジェクトが街で行われる意味を再考するところにひとつの目的があり、その目的に対しての結果として、桐生市の行政事業という「社会に直接的に関わるもの」へと転換されるものとなりましたが、偶然ではあるものの、1986年の「Chambres d'Amis(シャンブル・ダミ)」を取り仕切ったヤン・フート氏が、2月27日にご逝去されました。
何かひとつの時代が巡り、そして次へと移り変わっていく、そんな瞬間が静かに訪れているのかもしれません。偶然とはいえ、今回は企画段階からヤン・フート氏の存在を意識し、またさまざまなアートプロジェクトの在り方を見据えながらの実践であったので、感慨深いものがあります。

アートは、社会に形あるものとして生まれ、社会のシステムとして形が消えていく。
何となくそんなことを思いながら、2013年度も末、2014年も3月になってしまいましたが、間断なく、新しい年度のプログラムが開始されます。


WATARASE Art Project 2014 は、「アートは社会に生まれ、社会に消えていく」をコンセプトに、展覧会プログラム:Arts WATARASE(02 あしお碧水祭)を中心に行っていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。



追:
「Chambres d'Amis / antichambre 桐生」展のゆるい反省会の席にて、新年度からの暫定でのWAP代表が決定しました!誰になったかは秘密。そして僕の立場はどうなるのでしょうか?
とりあえず3月末まで、代表ということで。

(皆川)
posted by 事務局 at 23:21 | 2013 | comments(0) |
コメント
コメントする









WATARASE Art Project は 群馬県桐生市から栃木県日光市足尾町を繋ぐ「わたらせ渓谷鐵道」の沿線で、アーティスト主体で行なわれている現代美術(ART)とAIRのプロジェクトです。

『僕たち私たちは、敢えて空気を読みません』

アーティストと地域住民とが「ゆるい連携」をつくり、地域をアーティストの視点から、現代美術を地域性という視点から、捉え直し、相互の価値の革新を試み続けています。
ともすれば「地域づくり」≒「地域こわし」かもしれません。しかし、地域の固定概念を壊す、そんな『創造的破壊』を目指します。

WATARASE Art Project Official Web-site



Video streaming by Ustream

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
>> Update
qrcode