blog_title_.png
<< おもいだし-3 CampingTrain編 | main | おもいだし-5 会場点景編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク at | - | - |
おもいだし-4 野外演劇「オマツリ」編


WAP2006 最終週の上演へ向けて、演劇スタッフが足尾入り。
画像は脚本・演出その他もろもろ雑務まで、一手に引き受けたコバヤシ。
最終の稽古にも熱が入ります(?)

本人いわく、
「メガホンが顔のラインにフィットして気持ちよかった」
だけらしいが、いかにも演出家らしい面持ちです。



役者、演奏者をはじめ演劇スタッフはみんなで足尾に滞在。
地元旅館からの布団などの提供、また自治会のみなさんの快い協力があって、合宿っぽいけど快適な滞在の様子。




足尾駅のかつての駅員宿舎は、衣装担当のブンちゃんの制作場所に。
寒い中一人黙々と衣装作りをするブンちゃんをそっと除く役者さん、の図。
posted by 事務局 at 19:51 | 2006 | comments(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク at 19:51 | - | - |
コメント
コメントする









WATARASE Art Project は 群馬県桐生市から栃木県日光市足尾町を繋ぐ「わたらせ渓谷鐵道」の沿線で、アーティスト主体で行なわれている現代美術(ART)とAIRのプロジェクトです。

『僕たち私たちは、敢えて空気を読みません』

アーティストと地域住民とが「ゆるい連携」をつくり、地域をアーティストの視点から、現代美術を地域性という視点から、捉え直し、相互の価値の革新を試み続けています。
ともすれば「地域づくり」≒「地域こわし」かもしれません。しかし、地域の固定概念を壊す、そんな『創造的破壊』を目指します。

WATARASE Art Project Official Web-site



Video streaming by Ustream

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
>> Update
qrcode
SPONSORED LINKS