blog_title_.png
おつかレビュー:作品紹介-門眞妙


ご来場の皆様にはお馴染みの、なにげにWAP初年度から毎年参加のモンマの作品です。

本人曰く、今回はもっとも丁寧に考えられて、シンプルにまとまった作品、だそう。
本人の言うとおり、非常に見やすく、またこの作品へたどり着いた瞬間の驚きは、
展示場所の扱いの巧さもあり、群を抜いています。

ちなみに、このたどり着いた瞬間の驚きは大事なので、
上の画像の緑のトンネルより先の作品は、ここではお見せしません。
実際に観に来た人たちだけの秘密です。

(…前のほうの記事で本人が紹介してたような)



minagawa
posted by 事務局 at 17:56 | 2009:AZUMA | comments(0) |
おつかレビュー:作品紹介-西川祥子


先の本人の記事にもありましたが、
沢入:旧松島邸では西川祥子が作品を展示しました。

続きを読む >>
posted by 事務局 at 17:43 | 2009:AZUMA | comments(0) |
おつかレビュー:作品紹介-古里麻衣
 WAP2009 in AZUMAに来られなかった人も
 いると思うので、いくつか作品を紹介。



 今回、新たな会場となった「小夜戸地区」の
 古里麻衣の作品です。

 小夜戸地区は、屋外での展示が主体だったため、
 作品を展示する場所の選び方から、
 作家それぞれの視点を読み取ることができます。
 
古里麻衣の作品は、ワラビを生産していた農園に展示されていました。
一面がワラビ畑になっている中、こぎ手のいなくなったブランコと、
休憩所となっていた小屋に作品を設置。
続きを読む >>
posted by 事務局 at 17:31 | 2009:AZUMA | comments(0) |
おつかレビュー:8/1内覧会


会期終了、おつかれさまです。
そんなこんなで、いくつかブログに更新し忘れていた記事をUPします。


上の画像は8/1に行われた内覧会の様子。
旧花輪小学校で、齋藤光が自作を内覧出席者へ案内している様子です。


WAPでは、今年から「内覧会」と称して、
会期前に、作品をメンバーや地元協力者、有識者へプレゼンする機会を設けています。
大学で言うところの講評会のようなものかもしれませんが、
作品のダメ出し云々ではなく、重要なのは、地元の方達も交えての機会なので、
一般の方々から見た作品への感想や批評を、作家がダイレクトに得られるところです。
それによって、他者から見た、客観的な作品の見方を、作家の今後の制作へと
反映することができる点です。

地域でのアートプロジェクトを行っていると、
「アート」に染まりきった作家の作品・鑑賞者の意見は、
的を射たものにはならない場合もあります。
そうした中で内覧会は、WAPにとって新たな価値を生み出す機会になり得ています。

ま、時として、
地域のことや社会のことを考えて考えあぐねた作品よりも、
純粋に「これが美しいでしょ?」という作品が、
美術を知る知らない関係なく、ボーダレスに好評を得る場合もありますが。


minagawa
posted by 事務局 at 17:21 | 2009:AZUMA | comments(0) |
おくり苗
ML_SA3B1245.jpg
セイロンベンケイソウ。

親木から落とされて、地についた瞬間葉っぱから根を生やし育っていきます。
今回のインスタレーションの中心部の枯れていくユリのそばに置きました。


2週間で伸びたのはほんの数センチ。


会期中、自分の中にもいつの間にか根付いてた何かが作品撤収時に溢れました。


この子を沢入に植えて家路に付きまぅす。



8/26しょうこにしかわ

ML_SA3B1242.jpg
posted by Project Member at 00:47 | 2009:AZUMA | comments(0) |
水沼温泉センター
090826_181013.jpg
皆川の頭

左に出てる棒は昨夜水沼に置き忘れたバナー。

水沼駅停車中に社長のK山さんに電話したら
バナー持って走って出て来てくださった!
わ鐵の運転手さんも待ってくださった!

本当にありがとうございます!!


わ鐵が揺れたから写真もぶれぶれ
posted by Kazumi Uehara at 18:13 | 2009:AZUMA | comments(0) |
<< 2 / 26 ページ >>
WATARASE Art Project は 群馬県桐生市から栃木県日光市足尾町を繋ぐ「わたらせ渓谷鐵道」の沿線で、アーティスト主体で行なわれている現代美術(ART)とAIRのプロジェクトです。

『僕たち私たちは、敢えて空気を読みません』

アーティストと地域住民とが「ゆるい連携」をつくり、地域をアーティストの視点から、現代美術を地域性という視点から、捉え直し、相互の価値の革新を試み続けています。
ともすれば「地域づくり」≒「地域こわし」かもしれません。しかし、地域の固定概念を壊す、そんな『創造的破壊』を目指します。

WATARASE Art Project Official Web-site



Video streaming by Ustream

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
>> Update
qrcode